建築士の住まいアイデアノート

家を建てた後でも、断熱できる!お金を節約して省エネ効果が期待できる方法

2018-05-09
カテゴリ:住宅設備,インテリア
チェック
断熱・省エネ効果を
カーテンスクリーンで手軽に!
 
 
こんにちは! アドバンス建築士の河田です。
 
私に相談に来られるお客様の中で、年々ご相談が多くなっているのは、断熱についてです。
 
断熱のことを考えないで、家を建て、後からリフォームするとなると、大変費用が掛かってしまいます。
 
 
そんな時は、手軽に断熱・省エネ効果を発揮するハニカム・サーモスクリーンをおすすめします。
 
 
 
このハニカム・サーモスクリーンの凄いところは、
カーテンスクリーンなのに断熱効果が普通のカーテン等より、かなり効果があるとうことです。
 
 
「ハニカム・サーモスクリーン」 
 
ハニカムだなんて、かわいらしい名前ですよね。(。-∀-)ニヒ♪
 
このハニカムとは、蜂の巣という意味なのです。
 
 
スクリーンの断面が蜂の巣構造になっていて、そこに空気を取り込み二重の空気層をつくります。
 
 
その空気層が発揮して断熱するのです。
 
 
住まいの断熱は窓やドアがポイントになってきます。
 
 
窓につけるカーテンが断熱効果も発揮するとなると、一石二鳥ですよね。
 
カーテンは必ずつけないといけないのですからね。(丸見えでもいいとか、すりガラスなら必要ないでしょうけど。。)
 
 
 
そして、このハニカム・サーモスクリーンは断熱効果だけではなくてかなりの省エネです。
 
 
 
 
 
私が、断熱効果と、省エネ効果以外に特に気に入っているのは、
 
 
縦型のタイプもラインナップされているというところです。
 
 
なぜ縦型が気に入ってるのか!!
 
一般的に、和室は掃き出し窓が多く、和室窓によく設置するブラインド(スクリーン)形式のものは
上げ下げしないと外に出れないので、いまいち不便さを感じていました。
 
 
しかし、このハニカム・サーモスクリーンは、横付けの枠もあり左右に開閉できるというのが大変便利です!
 
 
ブラインドやスクリーンを中途半端に上げたまま窓から出ようとして、ブラインドに頭をコツっと当てることもないのです!
(ブラインドを最後まで上げない大ちゃくな私の悩みだったんですけど(笑))
 
 
なので、この、ハニカム・サーモスクリーンは和室にぴったりなのです。
 
 
和室のカーテンは横型のロールスクリーンも合うのですが、縦型のハニカム・サーモスクリーンなら和室にもなじみます。
 
 
こんなスクリーン探していました!
 
 
断熱と省エネに関心がある方にご提案したいカーテンスクリーンです。
 
 
ご興味がございましたら、お問合せください。
 
 
販売元:ハニカム・サーモスクリーン セイキ総業 株式会社  HP: http://www.seiki.gr.jp/products/screen/honeycomb/