クロスの話

からだにやさしいクロス

 
 最近は、環境や健康に配慮したクロスが増えてきました。
パルプが原料の洋紙を原紙に、プリント加工やエンボス加工したものが紙クロス 。
こうぞやみつまたを原料とした和紙、ケナフなど非木材紙を原料としたものなどもあります。
紙は音を吸収し、空気を通す素材であり、また、環境や健康への配慮がなされている素材として注目されています。
また、たまごの殻で出来た「エッグウォール」や珪藻土を塗りつけたクロスなどもあり多種多様です。
 
からだにやさしいクロスはこちら
 
http://advance-2.com/files/libs/163/201311011531103494.png http://advance-2.com/files/libs/162/201311011530422725.pnghttp://advance-2.com/files/libs/164/201311011533074326.png
 
 

エッグウォール

***ずっと白い壁のお家***
 
スイス生まれの天然漆喰 ~カルクウォール~
スイス、ドイツで中世の建物に使われてきたスイス漆喰は、世界で始めて「バウビオロギー=呼吸する住宅」を提唱したスイスウォール社が中世の漆喰そのものを、当時の成分そのままに今も製造する本物の天然100%の本漆喰です。
つまリ、気孔には命を生かすチカラがあると言うことができます。
この微細な穴をそのまま壁材に応用したエッグウォールは、命を生かすのと同じメカニズムで、生活臭などの臭いを吸収したり、余分な湿気を吸収する働きを行います。

エッグウォールの4つの性能

  1. 調湿機能があるので部屋の中が快適に
    卵殻が持つ気孔のチカラで湿気を吸放湿し、、湿気が多い梅雨から夏にかけては吸湿し、過乾燥になりがちな冬は放湿することで、一年を通して調湿を行い、室内を一定の湿度に保ってくれるので不快感がありません。
  2. 消臭性能があるので、ペットライフが楽しくなります
    卵のす気孔のチカラで、大きな壁面全体で脱臭を促進するので、室内でペットを飼っていらっしゃるご家庭でもその匂いを気にすることなくペットライフを楽しめます。また素材のベースはペーパーなので、もしペットのひっかき傷も、その面を貼り替えカンタンに補修することができます。
  3. 自然素材だからからだにやさしい
    漆喰や珪藻土を塗る左官作業よりも自然素材なのに低コスト。塗壁のざらざらした質感をそのままに、自然素材の効果まで実現しています。
  4. 地球にもやさしいクロス
    本来廃棄処分するはずほたまごの殻を使っているので地球にもやさし

アドバンスのエッグウォール仕様 施工例

ルナファーザー

     
 
     ***塗装できる壁紙***
 
ドイツ生まれの人にも環境にも優しい塗装下地壁紙。天然の紙を素材とした、塗装下地壁紙「ルナファーザー」は、通気性・透湿性・吸湿性などの天然素材の持つ性質をそのまま生かし結露やカビの発生を抑えます
材料となる紙は再生紙100%使用しているので環境にもやさしいクロスです。
化学物質を使用していませんのでホルムアルデヒドなどの人体に有害な物質の発生もありません
 
 
7~8回程度の塗り重ねが可能で、和紙の様な優しい風合いと、お好きな色を塗装することでインテリアのようにお部屋を思いのままに演出できます
また、自然素材の持つ通気性や透湿性に優れ、結露やカビの発生を抑えます

アドバンスのルナファーザー仕様 施工例

ケイソウくん

***珪藻土の壁紙「ケイソウくん」***
 
塗り壁の機能と風合いをそのまま残すことができる壁紙です。
珪藻土を主原料とした呼吸する壁紙「ケイソウくん」
 
 
珪藻土塗り壁材の優れた機能、性能はそのままに、塗り壁の落ち着いた仕上がり風合いを再現します。
ビニールクロスと同様の施工性で、限られた予算のなかでも健康住宅、快適空間の実現が可能です。
 

アドバンスの「ケイソウくん」仕様 施工例